男女比9:10で開催されました。男が一人多くなってしまい、幹事の俺は他の男に女のコを譲りました。

ただ、今回の女性陣があまりに不細工揃いで度肝を抜かれました。

幹事も相当な不細工でしたが、それに拍車をかけて不細工な女の子がそろっていました。

なかなかこれほどまでに不細工な女の子が揃うことはないのですが、今回は2人を除いて妖怪がそろっていました。

2部屋に分かれての本番となりました。

予め作戦会議でそれぞれの部屋のトークを仕切る男を決めました。

私がいた方の部屋は私、もう一方の部屋は合コン10年以上のキャリアのあるラガーマン君。

戦闘力が偏らないように2部屋に力を分散させました。

 

結果、0完でした。

 

敗因は、どっちの部屋にもいた豚のせいです。太った女は酒も飲まずに、食うことに集中していました。トークとか関係なく。食べ物の注文を繰り返していました。

 

廊下で会うごとに「食べ物注文していいですか?」とかぬかしてました。この豚の食欲がみんなの食欲を刺激するんだと思いました。

居酒屋で注文しまくる女、嫌いです。どうせやらない女にカネ使うことほど無駄なことはありませんからね。

寿司とか焼き肉の話をこういう豚に振ってはいかんと改めて思いました。

そう、

これはつまり、合コンで出会いを目的とせずに、メシを目的としてくる典型的な「メシ豚女」でした。

王様ゲームもぜんぜん乗り気じゃなく、むしろ怒ってたようです。そうそうデブってすぐ怒ります。

 

私のデブ嫌いはこのへんにも理由があります。

一見優しそうに見えるが実は自分に甘く他人に厳しいデブ。

 

あちらの部屋でもイケ面君と少しかわいい子がくっつきそうになったら、すかさず邪魔してきたそうです。ジェラシー発動。自分が上手くいかないのは嫌。というアレです。たまに発動している女の子が合コンにいますが、ぶっちゃけ引きます。

 

以上です。

 

=================

編集後記

今日読んだのは「瞬間催眠法」の本。

なかなか高度なところまで書いててくれてよい。

こんど塾生さんたちに薦めてみようと思う。

おすすめの記事