八雲慎太郎の公式ブログ

洗脳と催眠と合コンとWEBナンパの日々

合コン、1時間で切り上げる勇気も大切

calendar

こんにちは、八雲です。

合コンをしまくっていくとたしかに上手くなるのですが、相手によってはどうしようもないこともあります。いくら盛り上げようとしても無理です。

女の子たち女子校出身で男に理想を抱いていたり、極端に面食いだったりするとその傾向が強く出ます。社会人より、学生にこの傾向があります。僕の感覚では、頻度は20回に1回くらいだと思います。

そういう回はさっさと切り上げて出費を抑え、次の合コンにつなげましょう。
最後に学生の頃の日記からどうしようもなかったときの日記を再掲いたします。

合コンwith聖心女子大学」結果報告
今回もハズレでした。あまりにひどい内容でした。今日は3対3の合コン
なりました。男は僕の友人の東大生と先生と僕の3人でした。女の子は聖心女子大が2人に立教が1人でした。女の子のルックスは全員中の下、頭のレベルは下でした。

先生のはじめのやる気はまあまあでした。もちろん僕は最初からやる気ゼロでした。でもいきなりやる気ゼロオーラを出していくのも失礼だと思い、いつものように振舞いました。

自己紹介が始まりました。僕は定石の通り「吉田美和がタイプです」と言いました。女の子たちは「坂口憲司とか大沢としおとか福山チョータイプ」とかぬかしていました。男陣の顔と自分の顔をよく見てから言えと思いました。

自己紹介が一通り終わったくらいでお酒がきたので乾杯しました。先生のパフォーマンスが始まりました。しかし、それはすぐに沈黙へと変っていきました。こんな感じです。

 先生「テレビはどんなのみるの?」
 女 「あんまり見ない」
 先生「そっか、じゃあカラオケとか行くほう?」
 女 「歌うの好きじゃなーい」
 ・
 ・
 ・

会話を続ける能力が女側にはありませんでした。とびきり頭の悪い女の子たちでした。僕はだんだんムカついてきて「こいつらケンカうってんの?」とか「なめんなよ」とか言ってみました。その後も会話はまったく弾みませんでした。先生と東大の友人は2時間付き合ったみたいですが、僕は用事を作って1時間くらいで帰りました。今日学んだのは「馬鹿は相手にするだけ時間の無駄」ってことくらいです。本当に最低の合コンで
した。こんな回もありますね。次に期待します。

それでは、よい合コンを。

八雲慎太郎

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

著者

八雲 慎太郎

八雲 慎太郎

洗脳家・催眠術師・ナンパ師 。八雲塾主催。座右の銘は「最高の女は次の女」