こんにちは、八雲です。

洗脳技を身に付けるまでの経緯と修行の様子を書きます。

最初に合コンブログを書き始めたのは大学生の頃でした。
ググったらちゃんと当時のブログが出てきます。←ビビるw

男子校を卒業して大学生になった私は
いざ彼女を作ろうにもスキルもなく
イケ面君でもなく
まー、彼女できませんでした。

1年生の頃はサークルに入っても
かわいい子は全員が共学出身やイケ面君に
持っていかれてしまい
非常に悔しかった思い出があります。

2年生になって
これではいかん!と、
一念奮起し武者修行を開始。
多い時で1ヵ月に15回の合コンをしていました。
ある日、気が付きました。
合コンは楽しいけど彼女できねー。

そして
3年生になって
サークルじゃね?と思い、
完全にナンパ目的でサークルを設立。
男3人で○○○研究会という
いかにも女子ウケしそうなサークルを作りました。
半年後、130人にまで増えたサークル員の中の一人の女の子
と付き合うことに。

目標達成。

しかし、
その頃までには
洗脳に関して目につく限りの書物を読み込んでいたので
相当なレベルアップを果たしていました。

4年生になって合コン復活。
とりあえず、ヤリまくってました。

大学院に進学後は
合コンもさることながら
これはいい機会だと 新しいサークルにも入り
そこでもヤりまくってました。
そのボランティアサークルが楽勝で
男がしょぼいのが10人に対し、
女の子が100人という美味しい状況でした。

大学院の論文も
認知科学に関するモノになりました。
発表会で数学の教授たちを困らせていましたw(←分野が違いすぎるためw)

社会人になってからも
週に2回の合コンは欠かさず実施。

で、現在に至ります。

この間、ずーっと書籍や論文で知識を得ては実践で試し、
改善を加えるというPDCAを回していました。

いつしか、技は魔術と称されるまでになっていました。
初めてその技術を見た男にはだいぶ驚かれます。

洗脳技は日々向上していますが、
私はもうかなりヤリまくったので
いまは他の男にお持ち帰りさせたりする方が
楽しくなっています。

これまで培ってきた洗脳技を次の世代に伝授していこうと思い、
八雲塾を立ち上げました。

yakumo

おすすめの記事