こんにちは、八雲です。

今日は学生の頃の日記から再掲します。

「合コンwith昭和女子and東邦音大」結果報告
伝説が生まれました。今日は合コンが2回あるので5時から開始となりました。男の幹事は先生でした。
場所は新宿のマックの4階。女の子の都合により飲み屋ではありませんでした。男5人はいつものメンバーでした。女の子ははじめ4人でした。レベルは玉石混交。ピンの子もいればキリのほうの方もいました。まずはじめにみんなで自己紹介をしてから先生のトークが始まりました。なかなか盛り上がっていました。部屋が暑かったのでみんなノドが渇いてきました。先生の提案で僕がお茶とかジュースを買いに行くことになりました。僕はガックンといっしょにみんなの分の飲み物を1階に買いにいきました。コーラとお茶をあわせて9個でした。この時、僕らはこのあとのことを予想だにしませんでした。

4階にもどるとそこには信じられない光景が展開していたのです。なんと女の子が8人に増えていました。やる気maxの女の子が8人でした。クリスマス直前なので女の子も必死。11月までとは明らかにノリが違いました。
そのうち男2人が帰りました。ここからが伝説となったのです。男3人対女の子8人。普通ならありえない比率です。しかもお酒無し!でも残った男3人は先生と僕と先生の秘蔵っ子Kでした。三人ともいずれ劣らぬツワモノです。速やかに席替えをしました。先生が真ん中。僕とKが両端に別れました。ここまで阿吽の呼吸でした。誰も指示を出さずに自然にそうなりました。3グループに分かれたトークも順調にすすみ、時間まで楽しく過ごせました。そのあとアドレス交換して解散。伝説のノンアルコール3:8合コンはこうして幕を閉じました。

補足)秘蔵っ子Kは先生の弟子。地方出身者の彼は先生に出会い開眼。ナンパのナの字も知らずにいた彼が先生のもとで修行を重ねた結果、今ではストリートで一人で女の子に声をかけられるまでに。

以上です。

それでは、よい合コンを。

八雲慎太郎

こちらの記事もどうぞ⇒合コンでの最適戦略

おすすめの記事